砂上の夢に ただ酔いしれど 流るる時を止められず
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0
0
page top
ハイコミツアー in 大阪城ホール (4/9)#01
今更ながらレポという名の感想を。
書くのが遅いのはいつものことだけど、今回はさらにキーボードが
壊れるという事態に陥りまして。
最初は8(テンキーじゃないほうの)だけが打てなかったんですが
次第に「i」が打ちにくくなり、「k」が打ちにくくなり・・・。
「i」が打てないって致命傷でしょ?
ってことでAppleのサポートに電話したら無償交換してくれました。
(1年間の保証内だったので)

ってことで話しはそれましたが、メモをもとに20日前の記憶を書いてゆきます!
※例によって長いです。
今回の相方はライブ初参加の母親。
しかもライブ2日前にぎっくり腰った母。参加が危ぶまれたんですけど
「意地でも行く!楽しみにしてたから行く!」と
ジロウさんに会いたい気持ちだけで頑張ったようです。

座席はアリーナ7列中央。
奇しくも1年前の城ホールと2列違い(番号同じ)でした。
もうあの距離では見られないんじゃないかと思ってたので
ハイテンションで望みました!しかも初日!

座席についてみると、あれ?幕がない・・・
どうやって登場するんだろーとか思いつつ、待っていると客電が落ちて
レーザーのような照明演出と音楽が流れ始め自然と手拍子が。
これが結構長く、さんざん焦らされたあとドラムの奥から
フツーに登場したメンバー。
順番は確かタクローさん、ジロウさん、ヒサシさん、テルさん。
テルさんの衣装は上下黒。けどパンツがギラギラ(笑)
ジロウさんのパンツはキラキラ☆ミラーボールのようでした・・・。
ヒサシさんは白のパンツ+プリーツスカートみたいなの。
めちゃ似合っててカッコ良かった!てか帽子ナシのヒサシさん久々で
ちょっとクラリ。リーダーは・・・おぼえてない(笑)

1.ASHES-1969-
ええと。毎回のことなんですが一曲目って興奮しすぎて覚えていません。

ちなみに私の前に6人いる訳ですが、2列前~4列前まですべて男の子!
特に2列前の男の子が背が高くて、テルさんが定位置にいると被って
見えない状態・・・。けど何曲目かで隣の女の子2人組と場所を代わって
あげたみたいで、私の視界もよくなりました。感謝。

2.VERB
いきなりの新曲で軽くパニック(笑)
出だしの「瞳を閉じて 耳を塞いで・・・」のところで
耳を塞ぐ仕草をしながら歌うテルさん。カッコイイ。
サビは「どうして」を繰り返すので耳に残りました。
切ない系のロックですね。

3.誘惑
「カモン、トシ!!」と言えばこの曲。
リーダーが会報に書いてたっていうのもあってか
「え~」って気持ちにはならなかった。
今日は歌詞間違えなかったような気がする。

MC
「暑い!ジャケット3曲もたなかった!!」というテルさん。
いつの間にかジャケットを脱いで汗だくのご様子。
その姿を見た瞬間ちょっと衝撃でした。
そ、袖がスケスケなんですけど!!黒い長袖のシャツかと
思いきや袖部分が見事なシースルー。腕のタトゥーが肉眼でも
薄ら透けて見えましたヨ。う~ん、何とも不思議な衣装。

「昨日の夜ね、会場見にきたんだけど『半分ぐらいはお客さん来て
くれるかなぁ。』って言ったら、スタッフが『1万人きてくれますよ』
って言ってくれて、ほっとしたんだよね。
でもやっぱ不安で不安で・・・良く眠れました!!(笑)」

4.YOU MAY DREAM
「アルバム pure soulから熱いナンバー、YOU MAY DREAM!」と
タイトルコール。久々に聴けて嬉しい!!
「♪抱きしめ合おう~」のところで後ろを向いて自分を抱きしめながら
腰をフリフリするテルさん。カワイイ。

5.MERMAID
これも久々な1曲。「♪アンセムのようにレイジが~」で
花道に移動しながら不思議なステップをするテルさん。面白かった。

6.coyote, colored darkness
雷鳴が響いた瞬間、キター!って思いましたね。
やっぱいいよ、コヨーテ!会報のネタバレ通り火柱が。
暑いって言ってるのにさらに熱くさせてくれるようです・・・。
アリーナから見てるとヒサシさんと火柱の距離が近くて
燃えてしまいそうでドキドキしました。
(さいたまでスタンドから見たら結構距離があったけど)
最後の「♪今そこに~」は力強く歌うんじゃなくて声を潜めたような
感じで歌っててカッコ良かった。

MC
7.SORRY LOVE
「これからのGLAYの代表曲になる曲です」みたいなMCでスタート。
神戸で聴いたときは本当に雪が舞っている日だったなぁと
思い出してみたり。
2番のサビで歌詞間違い。けど詰まること無く正しい歌詞に
戻って歌ってました。ある意味尊敬。私だったら頭真っ白になっちゃう。

8.Together
曲の最初のピアノの音を聞いたときは泣きそうでした。
やっと聴けるんだーーー!って。この曲だけでこの日に
参加できて良かったって思えるぐらい。ずっと前のバトンで
「死ぬまでに一度生で聴いてみたい曲は何?」で答えたのがこの曲。
実現できて本当に嬉しかった。
生で聴くTogetherは鳥肌ものでした。
スクリーンには花びらの映像が合成されていて、いい演出でした。

9.Life~遠い空の下で
宇宙の映像が映し出されて神秘的な雰囲気の中でテルさんのMC。
「1994年・・・俺たちはこのまま音楽を続けていってもいいのか
それとも辞めるべきなのか、そう悩み苦しんだ時期がありました。
そんな時にできた曲です。聴いてください。」
正直CDでもあんまり聴かない曲だったのですごく新鮮でした。
テルさんの声の伸びが強調される曲でしたね。

10.都忘れ
ヒサシさんにピンスポが当たって、何が始まるのかと思ったら
都忘れ。ライブ初聴きでまたしても感動。ホント名曲です。

MC
掛け合いスタート。ホールツアーと同じ「いぇ~お~」かと思ったら
「男ーー!」と呼びかけてオクターブ低い声で「いぇ~お~」と
言ってみたり「可愛い子ちゃ~ん!」と女の子バージョンで
「いぇ~お~、ウフ」と言いながら首を傾けてみたり。
この「ウフ」を何回もやってるうちに自分でもおかしくなったのか
照れ笑いのテルさん。首の傾け方がやばいぐらい可愛かった。

「みんな、スターレスナイトは予習してきたか~?じゃあ練習しよう!」
ってことでコーラス練習。

11.STARLESS NIGHT
ホールの時と違ってしっかり曲をしってるだけに
「You Don't be~」のところはどう歌っていいのか迷いつつ。
でもめっちゃ楽しかった。

そろそろ長くなってきたので分けます。続きは#2で。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© girlish MOON.... all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。