砂上の夢に ただ酔いしれど 流るる時を止められず
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0
0
page top
ハイコミツアー in 神戸国際会館こくさいホール(2/13)#03
時が過ぎるのは本当に早いですね・・・。
もう神戸のライブから1ヶ月ですよ。

記憶がかなーり薄くなってるんですが今日こそはレポ終わらせたいと
思います!
レポっていうか感想文ですが。。。

※ちょっと思い出したことがあったので#02にも追加しました。

※以下、ネタバレありますのでご注意ください!

MC
・・・なんだったかなー。覚えてない。

13.SURVIVAL
久々のサバイバル!って今日HGからの曲多くない?
私が初めてGLAYのライブに参加したのはヘビゲツアーの神戸公演
だっただけに、一番思い入れのあるアルバムではあるんだけど。
とにかく盛り上がった!

14.誘惑
おなじみ「カモーン!トシ!!」のテルさんの声でスタート。
正直聞き飽きたかも・・・と思っていたら!
Aメロの前の「♪今はオマエが誘うままに~」のところで
「♪今は二人が・・・」と歌ってしまったテルさん。
しかも指を二本たてるポーズ付き(笑)
それがちょうど私の前に来たときだったので、やっちゃった顔
しっかりといただきました♪
っていい加減歌詞覚えなよ!

15.KISSIN' NOISE
やっぱり最初の「グッラーーーク!!」が気持ちいい!
テルさんの声の伸びがステキ。
ロックナンバーはとにかくテルさんの動きが神☆
客席のコーラスもぴったり合ってて気持ちいい。

16.HIGHCOMMUNICATION
来ました、ツアータイトル曲。
何を隠そう、私は前のハイコミツアーに参加できなかったんで
例のダンス(?)は初体験でした。・・・意外にしんどいのね(笑)
んでもテルさんの腕の動きがいい切れっぷりだったので
負けずに頑張りました。

この曲だったかな。テルさん頭から水をダーっとかぶって
空になったエコボトルを客席に投げてました。

17.ASHES-1969-
「今まで俺たちがやってきたロックをこの曲に・・・」みたいなMCで。
短い曲だけど全身で歌ってるって感じでカッコ良かった。
けど本編ラストってことで、もうすぐ終わっちゃうんだ・・・って
ちょっと切なくなってしまいました。
最後の「あーああーあーあー」のところは客席と一緒に。

演奏が終わったあとは、わりとあっさり退場。
けどジロウさんが投げたピックが私の2列前に!
しかし誰もキャッチできなかったらしく、みんな必死で探してました(^^;

アンコール
客席からのアンコールからほどなくして、テルさん&タクローさんが登場。
テルさんは手にボールみたいなものを持ってて、投げるよ~!とアピール。
物は無事2階席へ!さっすが元野球部。客席から歓声があがると
「始球式並みの歓声もらっちゃった☆」とカワイイすぎるテルヒコ。

「さっき全部出し切っちゃったから、もうアンコールはでなくていいかな
って思ったんだけど(客席:えぇー!!)まだみんな出し切ってない?」

そしてヒサシさん&ジロウさん登場。
ヒサシさんの手にはヱビスビール!しっかりラベルまで見えました(笑)
「友達のヒサシは~」と歌いだすテルさん。
「今日は(イッキ)いけるんじゃない?」と聞くテルさんに
プルプルプルと子犬のように首を振るヒサシさん。ラブリーすぎ!
そんでアンプの上に腰掛ける姿がまたかわいいのなんのって。

「じゃあ今からオレが『うん』って言ったらみんなは『神戸』って言ってね!」
とテルさんが掛け合いを始める。
タクローさんのギターに合わせてHAPPY SWINGを歌い始めるテルさん。
お決まりの「ここは華の~」のところでみんなが「神戸ーー!」と言うと
そこで演奏が止まり「『うん』って言って無いじゃん(笑)」と笑うテルさん。

「神戸って3文字じゃん?だから「うん」を入れた方がいいんだよ。やってみる?」
と言ってもう一度演奏。そして「ね?」と超満足そうな笑顔。

そのあと、「みんなも『うん』入れてみる?」と言って何度も
「うん、こうべー!」と言わせて楽しそうなテルヒコ。

EN1.HAPPY SWING
曲中に何度も「うんっ!」「神戸ー!」の掛け合いを入れるテルさん。
最後には投げチュウで「うん」を表してました(笑)

Today's Menu
会報でネタバレしてたので特にびっくりはしなかったけど、
改めてファンがステージに上がるってすごいことだなぁと。
「誰にしようかなぁ~」と客席を見渡すテルさん。
「神戸の人!」(私を含め、はーい!とほとんどの人が手を挙げる)
「じゃあ兵庫の人!」(神戸も兵庫なんだが・・・と思いつつ手を下げる)
「あ~、結構いるんだね。じゃあグレイのライブ初めての人!」
とたんに数が減ってテルさんの目に止まったのは、ど真ん中にいるお父さん。
「あ!お父さん!初めて?んじゃお父さんにしましょう!!」

ちょうど私と同じ列だったので、よく見えたんですが隣にいた娘さんかな?
かなり興奮してました。(そりゃそうでしょうね)

ステージに上がったお父さんはちょっとテレ気味に自己紹介。
52歳の何ともかわいらしいお父さんでした。
「グレイのライブは楽しいですか?」とテルさんが聞くと「めちゃ嬉しいです!」
と本当に嬉しそうな笑顔で答えてました。

「では、お父さんに曲を選んでいただきます。メニューカモン!」
というと袖からタキシードを着た方が登場。その姿を見たヒサシさんが
手を叩いて爆笑してました(笑)

そして、メニューを開いたお父さんは
「生きてく強さ!刺!ユーマイドリーム!グロリアス!
ビリオネア●♯▲×アウェイ!シャッタースピーズのテーマ!」
と元気よく読み上げて、客席はその度に歓声!シャッターが一番人気だったかな。
テルさんは若干苦笑いをしながらも「どれがいいですか?」と
聞くと「え?全部じゃないの?」とボケるお父さん。
「じゃあ、グロリアース!!」とタイトルコールすると大盛り上がり。

タクローさんは首にかけてたツアータオルをお父さんの首にかけ、
ジロウさんはご自慢のカメラでシャッターを切り、
テルさんはスタッフに持ってこさせた(笑)Tシャツを渡し、
ヒサシさんは・・・一端袖に引っ込んだと思ったら、もう一本ビールを持って
走ってきて渡してました(笑)
その後メンバーと握手するお父さん。なぜかヒサシさんの時は
なかなか離そうとせず、何か話しかけてました。実はヒサシファン!?
そんなお父さんにまた爆笑するヒサシさん。あまりにぎゅっと手を握られたのか
そのあと服でパンパンやってましたが(笑)

EN2.グロリアス
もともと大好きな曲だけど、ROCK SHOCKのグロリアスを見て
ますます好きになっちゃいました。あの時のテルさんの笑顔が印象的で。
やっぱり昔からのナンバーって落ち着くのかなぁ。

EN3.ピーク果てしなく ソウル限りなく
すっかり定番になりましたねー。アルバムには入ってないけど。
出だしの横振りの向きがテルさんと一緒だったのでちょっと嬉しくなったり。
お決まりのテープはしっかりキャッチ!
今回のはメッセージ付きなんですね!前は数本だけにメッセージが書かれてる
ってことで取った人はラッキーだけど、取り合いになることも考えて
印刷にしたのかなって思いました。ツアーロゴも入ってて思い出になりますね。

EN4.BEAUTIFUL DREAMER
「ピーク~」からの流れでわかってはいたけど、ラストとなると
やっぱり切ない。けどアップテンポに押されて盛り上がる。
なんとも複雑な曲です。ただただ全身で歌うテルさんに見とれてました。

終了後、今度はヒサシさんが投げたピックがこっちに!
手を伸ばしたんですが、キャッチしたのはお隣の女性。
親子で来ていたみたいで、キャッチしたお母さんと喜びまくる娘さん。
周りの人が見せてください!と言うと、快く見せてくれました。

花道の先で何度もありがとうの言葉とお辞儀をするメンバー。
最後に「この言葉を残していきたいと思います!行ってきま~す!」と
大きな声を振り絞るテルさん。客席からはもちろん「行ってらっしゃ~い!!」

去り際にジロウさんが、両手をブンブン振ってたのが印象的でした。
その日の中では一番テンション高かったかも。
リーダーの例のポーズは位置的にちょっと見にくかったけどバッチリやってました。

メンバーが去った後も長い時間アンコールが鳴り止まなくて
ほとんど席を経つ人はいませんでした。
だけど、2日目ということもあって、スタッフさんがどんどんステージを
片付けていくんですね。マイクやらキーボードやら。
トシさんのドラムが分解され始めたので、これは無理だな・・・って
諦めかけたとき、改めて終了のアナウンスが流れて、さすがにみんな諦めて退場しました。

あとで見たBBSには
「止まないアンコールありがとう。
最高な夜だったので、そのアンコールは次回までとっておきます!」
とのメッセージ。Wアンコールは実現しなかったけど
メンバーに届いていたこと、そして次回の約束をしてくれたことが
嬉しかったです。

「また必ず神戸にくるから!」と言ってくれたテルさん。
何年後になるかはわからないけど、きっと約束を果たしてくれると思うので
楽しみにしています。


しかし、レポ長かった・・・。
読んでくださった方、おつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© girlish MOON.... all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。